得意先との会議、懇親会にも使える

得意先との会議、懇親会にも使える

一般的な会議室とは長テーブルにパイプいすが並べてありますが、
得意先に合わせて会議室の内装も少し豪華にしたいようなケースが出てくることがあります。

 

いつもの会議であれば、長テーブル、パイプいすといった備品があれば十分ですが、
会議をする相手によっては、よりおもてなし感を出せるような雰囲気の場所にて会議を行うのがふさわしいと思われます。

 

例えば会議を行う相手がこれから大口の取引先となってくれそうな顧客や、
大得意である場合、いつもより豪勢な内装や雰囲気の元で会議や話し合いを行いたいと考えます。
しかしながら会社に応接室のような立派な設備を持っている企業は段々と少なくなっているのが現状です。

 

貸会議室にも色々なタイプがあり、
ひじ掛けつきの椅子やソファやホテルのような豪華な内装の部屋を選ぶことができるようになっています。

 

貸会議室とはいえこのような豪華なおもてなしを受けた相手はきっと気分を良くしてくれるはずです。

 

さらには会議の後にケータリングサービスを依頼することも可能です。
そのまま別のお店に移動して接待をしてもいいのですが、
相手の時間の都合もありますしケータリングのほうが場所を移動する時間や手間を省けるというメリットがあります。

 

貸会議室でケータリングを依頼すると、
料理の味や質が心配ですが近頃のケータリングサービスの質は大変高くなっており、
お店で食べるのと同じくらい、もしくはそれ以上の質の高い料理や飲み物を味わうことができるのです。
 


このページの先頭へ戻る